サプリメントで健康に

太っている人は太るライフスタイルを、痩せている人は痩せた体型になるライフスタイルを送っています。つまり、体型を変えるということは、ライフスタイルを変えることでもあります。

FDA

アメリカはサプリメント先進国

アメリカはサプリメント先進国

アメリカではサプリメント先進国といわれていますが、サプリメントが普及している原因は、日本の様な医療保険制度が確立していないアメリカでは「お金のない人は病院に行けない」という経済事情によるところが大きいといわれています。

そこで、アメリカでは、「病院に行かずにすませたい」という風潮から、70年代からサプリメントを専門に扱う「ビタミンショップ」が示次々に登場しました。

やがて、サプリメントはスーパーマーケットでも扱われるようになり、大量に出回ることで価格も下がり、アメリカ人の生活の必需品となりました。

1994年にはダイエタリーサプリメント教育法(DSHEA)が制定されて、ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸などについて、科学的根拠に基づいていればFDAへの通知だけで人体の構造と機能に関する効果を表示できるようになりました。

しかし、表現に行き過ぎる傾向がみられるようになったため、2000年1月には、FDAにより表現に関しての細則が公表され、疾病を「治療する」「予防する」などの表現が使えなくなりましたが、「心臓血管系の機能と健康な循環器系を維持するために役立つ」といった、「疾病改善の役に立つ」という表現が認められました。 (さらに…)

海外のサプリメントの安全性

海外のサプリメントの安全性

サプリメントはアメリカのほうが日本よりも情報が多く、魅力的な製品も多く存在しています。

しかし、海外のサプリメントに関しては、メーカーの信頼性などにおいて、情報が乏しいため不安な点もあります。

アメリカの場合は、日本の厚生労働省に相当する食品医薬品局(FDA)がサプリメントに関する規制を行っていますが、日本とアメリカとでは規制の内容が異なるので、アメリカで認められている素材が日本では食品として扱えない場合もあります。 (さらに…)