生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

「生命保険=得」ではない

「生命保険=得」ではない

「生命保険=得」ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の本質を理解しよう

最近では「入院したら日額一万円支払われ、無事故であれば10万円が戻ります」というような、興味をそそられる生命保険のCMがよくテレビで流れています。

このフレーズだけだと誰でもお得だと思ってしまいますよね。

しかし、実は違うんですよ。

本来、生命保険というものは、万が一のときに、どうしてもお金の都合がつかないような事態に備えるためのもの。

決して儲けるためではなく、安心感を買う商品なのです。

間違っても、保険で得をしようなどと考えないことです。

生命保険会社は他の会社と同じく利益を追求する営利企業なので、どんな商品でも加入してもらうことに越したことはありません。

しかし、保険に加入しようと思っても、生命保険の本質を理解した上で加入してくださいね。

「とりあえず入っておけば安心だろう」というような安易な気持ちで入ってはいけないのです。

一生懸命溜めたお金は意味のある、生きた使い方をしましょう。

 掛け捨ての保険料は戻ってはこない

保険に加入していれば、入院したりもしくは死亡した場合は、入院給付金や死亡保険金が当然支払われます。

しかし、何もなければ支払った保険料は戻ってはこず、掛け捨てになります。

当たり前のことですが、改めてきちんと理解しておいてくださいね。

よって、必要な金額を、必要な期間だけ購入するという方法が一番合理的で無駄なお金を払わずに済むということに繋がります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です