生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

たった一回の見直しで高級外車一台分の保険料が違ってくる

たった一回の見直しで高級外車一台分の保険料が違ってくる

たった一回の見直しで高級外車一台分の保険料が違ってくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは現在加入している生命保険をもう一度見直してみよう

あなたは生命保険に加入していますか?

そして、生命保険は家に次いで二番目に高価な買い物であることをご存知ですか?

たいていの人は保険の内容をきちんと把握しないまま、「とりあえず、万が一のために生命保険は入っておこう」という考えのもとで、生命保険に加入し、保険料を払い続けていると思います。

しかし、そんなみなさんにあえて忠告しておきます。

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。

見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

この見直しによって、改めて自分や家族にふさわしい保険に切り替えれば、無駄な保険料を払い続けないで済みます。

場合によっては、生涯で支払う保険料が数百万円違ってくる場合もあるんです。

そうなれば、浮いたお金を違う目的に使えるので、生命保険の見直しは非常に重要なんです。

生命保険の種類について

日本で販売されている生命保険は多種多様で、プラス最近では外資の生命保険会社も進出してきているので、いざ生命保険に入ろうと思ってもどこの会社の保険が良いのかわかりづらいのが現状です。

保険の仕組みも複雑になっているので、特にお年寄りの方などは混乱してしまうでしょう。

それでは、ここでわかりづらい保険の種類について、少し説明していくことにしましょう。

まず保険には「更新型」と「全期型」という2タイプがあります。まず、「更新型」からお話ししていきましょう。

これが現在販売されている生命保険の商品の中では大方を占めています。

その代表例として、「定期付終身保険」や「アカウント型保険」といった保険があり、10年ごとに保障内容と保険料を見直す仕組みになっています。

しかし、この見直しのたびに保険料が上がっていきます。

みなさんもお察しかとは思いますが、保険を更新する時は契約時よりも10歳年をとっていて、病気で入院する確率や死亡する確率が高くなっている訳です。

よって、保険料が高くなっていくのです。その代わりに若い時は安い保険料で済みます。

今度は反対に「全期型」について述べていきましょう。

これは契約途中の更新(見直し)がなく、保険料の払い込みが終了する(60歳~65歳)まで、保険料は保障期間中一定なのです。

「全期型」は「更新型」に比べて加入当初の保険料は高いのですが、保険料が上がることがないので、結果的に安く済むことになります。

さて、みなさんが加入している保険はどちらのタイプでしょうか?

結局どちらのタイプも利点、欠点はあるのですが・・・。

保障は必要に応じて!を念頭に

「更新型」は定期的に見直しができて良い。

「全期型」は保険料が一定だけど、結果的にお得。

どちらが良いのかわからなくなりますが、保険金額というのは生涯一定ではなく、年齢に応じて変動するということをここで知っておいてください。

このことを知っておくと、将来に向けて変動する必要保障額をしっかり事前に計算しておいて、年齢が高くなるにつれて保障額が少しずつ減っていく保険に加入すれば、もう更新の必要性はなく、一番合理的だといえるでしょう。

これをいい機会だと思って、生命保険についてしっかり知識をつけてもらい、また見直しの大切さにも気付いてもらいたいと思います。

たった一度の見直しでいいんです。

面倒だと思わずに自分や家族のためにやってみましょう。

 正しい見直しで保険料は大いに違ってくる

それでは、次にどのタイプの保険に加入するかによって保険料がどのくらい違ってくるのか、具体的に例を挙げて紹介していきますね。

ここで、Aさん、Bさん、Cさんの三人に登場してもらいます。

彼らはみな、35歳の男性で、奥さんと1歳のお子さんがいます。

1     Aさんの例(更新型保険)☆

○ 加入状況{「○  500万○       円の終身保険」○     +「○ 5000万○      円の定期付終身保険(定期保険特約付き)」○

※ 定期保険特約付なので、もちろん、10年ごとに更新でさらに10年後には保険料がアップします。Aさんは45歳の更新時にも以前と同※     じ内容で更新し、55歳の時にも変わらず同※  条件で更新しました。

2     Bさんの例(全期型保険)☆

○ 加入状況{「○  500万○       円の終身保険」○     +「○ 5000万○      円の定期付終身保険」○  }

※ 全期型なので、保障額&保険料も生涯変わりません。

3     Cさんの例(ライフサイクルを考えた全期型保険)☆

○ 加入状況{「○  500万○       円の終身保険」○     +「○ 5000万○      円の逓減定期保険(保障額が年々減っていくタイプ)」○ }

※ 全期型なので、Bさん同※  様に見直しや保険料は生涯変わりません。ただし、Cさんだけが他の二人と違う保険会社です。

 数百万円の違いが出る現状

その後、Aさん、Bさん、Cさん三人とも、元気に65歳を迎えることができ、終身保険の500万円を受け取ることになりました。

しかし、Aさんは更新型で保険料が上がっていくタイプで、反対にCさんは保障額が減少していくタイプだったので、結果支払った保険料の総額が700万円になってしまいました。

このように、保険の加入の仕方で実際に数百万円の違いが出てきてしまう訳です。


»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です