生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

保険会社に任せてはいけない

保険会社に任せてはいけない

保険会社に任せてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

保険の見直しは損をすることも

現在保険会社で取り扱っている商品は「更新型」が主流だということはお話ししましたよね?

よって、10年ごとに更新するたびに保険料がアップすることになります。

しかし、ここで要注意!保険会社はそのときの現状(生活)に合わせて見直しが出来ることを利点として、そこを重点的に加入者にプッシュします。

加入者全員とはいいませんが、実際にはそれがメリットになっていないケースが結構あるのです。

保険会社が積極的に「更新型」を勧めるのは、保険会社や保険の販売員のためなので、その実情をしっかり知った上で保険会社の話を聞くようにしましょう。

 見直しは必ず自分自身でしよう

では、更新(見直し)をすることが、保険会社にとってなぜ好都合なのでしょう?

みなさん、わかりますか?

答えは見直しをきっかけに古い保険を解約させ、新しい保険に加入させるという「転換」が行いやすいからです。

すると、今度は「なぜ保険会社は転換させたがるのだろう?」という疑問が出てきますよね。

それは、新しい契約が結べるからです。

更新型だと見直しがあるので、新しい契約を取りやすいですし、保険会社も社員や外務員が新規の契約を取ってくれば当然評価してくれます。

また、もう一つの理由は加入者に有利で、保険会社に不利な契約を解約させることができるからです。

このように、10年ごとの更新型は保険会社にとっては絶好の機会なのです。

しかし、その陰にはせっかく貯まった積み立ての一部が掛け捨てになって損をする可能性が潜んでいるのです。

したがって、古い契約で保険料が割安な保険は、絶対に解約してはいけません。

保険会社の誘惑に負けず、これを守るだけで大幅な損をしなくて済むということを忘れないでください。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です