生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

医療保険の手続き方法

医療保険の手続き方法

医療保険の手続き方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険の請求から支払いまでの流れ

医療保険の給付金の請求には、入院していたという事実を証明するために、保険会社所定の「入院証明書」が必要になります。

その入院証明書に記載される内容は次のような項目です。

  • 入院の経緯
  • 病名
  • 手術の有無と手術の内容
  • 入院期間

それらを担当医に書いてもらったうえで、署名と捺印をしてもらう必要があります。

この証明書の取得には、数千円から高い病院だと1万円近い費用がかかることもあります。

請求から支払いまでの手続きは、次の通りになります。

  1. 保険事故の発生(被保険者の入院、手術など)~通常の手続きとして、担当代理店もしくは保険会社に連絡
  2. 保険会社へ請求書類の提出~提出書類<給付金請求書、入院・手術証明書、事故状況報告書(事故による入院の場合)>
  3. 保険会社は請求内容を検討する~契約後2年以内の入院は時間がかかる
  4. 給付金の支払い~被保険者の指定口座への振込み

最近では、契約してからある一定期間が過ぎていれば、少額な請求については被保険者からの報告書と病院の領収書だけで給付金の支払いをする保険会社が増えてきたので、以前のように無駄な出費はしなくて済むようになってきています。

また、医療保険の給付金を請求する人は、一般にその保険の対象となっている被保険者です。

契約者本人ではないので、注意してくださいね。

また、受け取った給付金に税金はかかりませんが、医療費の支払いが多くて所得税と住民税の医療費控除を受ける場合は、かかった費用からもらった給付金の額を引くことを忘れないようにしてください。

保険会社に確認

入院や手術をしたときは、加入している保険会社にそれが給付金の対象かどうかを必ず確認してください。

また、医療保険の入院給付金など、本来の請求人である被保険者が請求できない状態になっている場合は、あらかじめ代理人請求が可能なように手続きをしておくこともできます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です