生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

定期付終身とアカウント型の違いについて

定期付終身とアカウント型の違いについて

定期付終身とアカウント型の違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

定期付終身保険について

定期付終身保険は加入者が最も多い保険で、正式には「定期保険特約付終身保険」といいます。

この名の通り、「特約付」となっているので保障期間が10年となっており、更新時に保険料がアップする仕組みになっています。

また、少額の終身保険を主契約として、プラス加入者の興味をそそられるような「定期保険特約」や「医療特約」を付随した形をとっている保険のことをいいます。

アカウント型について

アカウント型とは、正式には「利率変動型積立終身保険」といいます。

その仕組みとしては、今までの定期付終身保険の終身部分を積立の形にして、積立金の引き出しや資金の投入をより自由にできる形にした商品となっています。

しかし、保障部分の見直しを前提とした更新型が主流となっているので、結局は定期付終身保険と何も変わらないのです。

仕組みがわかりづらい商品のほうがよく売れる

ここまで読んできて、みなさんは反対にますます生命保険の仕組みがわからなくなってきたのではないでしょうか?

保険のプロの方たちでもわかりにくいようなので、私たちが理解しづらくても一向に不思議ではありません。

では、どうしてこんなにもわかりにくい仕組みにする必要があるのでしょうか?

それは、売る側(保険会社や外務員)にとって都合が良いからです。

加入しようと思っている人は保険の仕組みがよくわからないので、結局は保険会社の社員や外務員に聞くことになります。

そこで加入するとどんな利点があるかということを山のように聞かされ、結局加入することになってしまうのです。

要するに口車に乗せられる訳です。

よって、消費者は無知なものを無知なままで終わらさずに、しっかりと調べ見極めることが重要になってくるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です