生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

死亡保険金の請求手順とポイントについて

死亡保険金の請求手順とポイントについて

死亡保険金の請求手順とポイントについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡保険金の手続き方法

保険事故(死亡時)が起きた場合、誰が保険金の請求をするのかというと、それは受取人に指定されている人です。

受取人は一般的に二親等以内の人です。

以前にもお話しましたが、保険金は受取人固有の財産なので、保険金の請求権は受取人にしかありません。

もし、複数の受取人がいる場合は、1人が代表して手続きをします。

また、受取人が未成年で手続きが困難な場合は、受取人の親権者が手続きをします。

その他、認知症などの症状が出て、成年後見人を立てている場合は、後見人が代理として手続きをすることになります。

死亡保険金の請求に関しては、亡くなった人の死亡診断書、戸籍謄本か住民票(除票)、受取人の印鑑証明などが必要です。

なお、医療保険に加入していて、死亡の前に入院などをしていた場合は、その給付金を請求することを忘れないようにしてください。

保険証券をなくしても慌てないで

保険証券は株券のような有価証券ではないので、もし仮になくなったとしてもいつでも再発行してもらえます。

また、保険事故が発生したときに、手元になくても、保険金の請求には何ら支障はありません。ご安心を。

請求から支払いまでの流れ

保険事故が発生してから3年が経過すると、保険金を請求しても時効によりもらえない可能性があるのでぜひ注意してください。

請求から支払いまでの手続きは、次の通りになります。

  1. 保険事故の発生(被保険者の死亡)~通常の手続きとして担当代理店もしくは保険会社に連絡
  2. 保険会社へ請求書類の提出~<保険金請求書、被保険者の住民票(除票)、受取人の印鑑証明>
  3. 保険会社は請求内容を検討する~契約後2年以内の死亡は調査が入る
  4. 問題がなければ、保険金を受取人に対して支払う~受取人指定口座への振込み

ここで、1~2の間で3年が経過すると、保険金が支払われない可能性があります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です