生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

こんな生命保険には要注意

子ども専用の保険は必要なし

子ども専用の保険は必要なし

加入するなら学資保険や子ども保険

最近では日本でも全部の地方自治体とはいいませんが、子どもに対する保障が手厚くなって、住みやすい&安心できる地域が出てきました。

なかには義務教育である中学を卒業するまで医療費を全額負担してくれる自治体まであるようです。

よって、子どもの保険に加入するかどうかということはあまり検討しなくてよいと思います。

しかし、子どもを育てていくにあたってお金は必然的にかかってきます。

そこで、もし子どもの学資を貯めるために保険に加入するとしたら、「学資保険」や「子ども保険」が良いのではないでしょうか。

これらの保険は一家の主を契約者として、子どもをその被保険者とし、毎月一定のお金を貯めていきながら(保険料を払いながら)、子どもの学資や入学金などの準備をする保険です。

また、保険期間の途中で契約者が亡くなった場合でも、その後の保険料は免除され、契約時の学資金が給付されることになります。

これならば、一家の主が亡くなって収入が不安定になったとしても「学費を確保する」という目的であれば、加入する意味がありますね。 (さらに…)

結婚したからといって保険に入る必要はなし

結婚したからといって保険に入る必要はなし

保険加入時期は子どもができたとき

みなさんは結婚した後に、よく会社に出入りしている外務員さんに生命保険を強く勧められたことはありませんか?

結婚して伴侶を得るので自分に万が一があった時に・・・と考えてしまう気持ちはわかります。

しかし、結婚を機に生命保険に加入するならば、かえって将来に備えて貯金しておいた方が良いのではないでしょうか?

そこで、お勧めしたい保険加入時期は子どもができた時です。

子どもができたら、必然的に親としての責任が生まれます。

20代、30代は少しくらい年齢が上がっても保険料はそれほど変わりません。

一度夫婦で生命保険について話し合っておきましょう。 (さらに…)

貯金があれば医療保険は必要なし

貯金があれば医療保険は必要なし

医療保険について

ところで、みなさんは医療保険には入っていますか?

特に中年の方は「これから病気になって入院となれば大変だから、加入しておくべきだ」と考えている人が多いようです。

しかし、実際に医療保険でもらえる給付金は何十万円とわずかです。

大規模な手術をしたとしても、合計で100万円止まりです。

また、例えば日額1万円の給付金が支払われる保険に加入して、月々4,000円の保険料を払っていたとします。

この保険を35歳の女性が平均寿命の86歳まで払い続けると、総支払額は、4,000円×12ヶ月×51年=244万8,000円になります。

例え病気をして医療保険金の100万円(最大)を受け取ることができても、244万8,000円―100万円=144万8,000円が自分の手出しとなります。

この例を見ると、医療保険で元を取るのがいかに大変かが実感できると思います。 (さらに…)

保険=貯蓄ではない

保険=貯蓄ではない

保険と貯蓄は別物

保険は貯蓄のつもりで加入しているという人が意外と多いようですが、しかし、保険と貯蓄はまったく別物です。

ここで保険と貯蓄の違いに焦点を当ててみましょう。

本来の目的

○  保険~万が一の時のために保障を買うこと。

1)  貯蓄~お金を溜めること。

2) 一定額を目標として溜めようとした場合

保険~初めからその額が用意されている。

※途中で死亡した場合~到達額である保険金が支払われるので、目標は達成。

貯蓄~少しずつ積み上がって、最終的にその額に到達。

※途中で死亡した場合~それまでに貯めたお金しかないので、目標額には到達出来ず。 (さらに…)

大手生保に月3万円以上払っている保険は危険

大手生保に月3万円以上払っている保険は危険

高額な保険料は家計を苦しめるだけ

みなさんは保険料を多く支払っていると、家計的にはキツイですが、でも安心感は十分にあるのではないですか?

しかし、それはとんだ間違いなのです。

特に30代の男性で、大手生保に月3万円以上保険料を払っている人は、要注意!

無駄な保険料を払っている可能性があります。

さらに、保険に加入する際に、その内容を保険会社任せにしておくのも無駄が出てくる要因です。

では、そうならないためにはどうすれば良いか?

答えは簡単。

現在の保険を見直してみることです。

これによって、無駄が省け、家計が驚くほど改善しますよ。 (さらに…)