生命保険選びは生命保険会社に任せてはいけない

生命保険に加入したという現状に満足せずに、保険自体をもう一度見直してみましょう。見直すポイントとしては「本当に自分や家族に適した保険であるか」「保険に加入すること自体が本当に正しいかどうか」などが挙げられます。

保険の見直しの前に必ず知っておくべきこと

保険の見直し時期は3回

保険の見直し時期は3回

子どもが誕生したとき

新しい保険に加入したり、現在の保険の見直しをする時期として、一番ふさわしいのは子どもが生まれたときです。

理由としては、必然的に子どもを育てる責任が生まれるからですね。

そこで加入しておきたい保険商品は、掛け捨ての定期保険です。

子どもが学校を卒業するまでにかかる費用と、自分(世帯主)がいなくなったときの家族の生活費を賄うためです。

そして、余裕があれば、状況に応じて、配偶者の老後の資金準備にもなる終身保険をプラスしておくとなお良いでしょう。 (さらに…)

自営業者に必要な医療負担額を知っておこう

自営業者に必要な医療負担額を知っておこう

所得補償の準備は必須

自営業者が加入している国民健康保険には高額療養費制度はあっても、傷病手当金の制度がないことは説明しましたよね。

よって、病気やケガで働けなくなったら収入が皆無になってしまう危険性があります。

そのため、自営業者が加入する医療保険には、傷病手当金の機能をもたせる必要が出てきます。

また、自営業者は労災保険も適用外です。

よって、医療費の負担プラス所得補償についてもある程度準備しておく必要があるのです。 (さらに…)

会社員に必要な医療負担額を知っておこう

会社員に必要な医療負担額を知っておこう

保険適用外の費用について

前項で「高額療養費制度」について説明しましたが、では今度は会社員が病気やケガで入院した際に、個人が負担しなければならない費用(保険適用外)について見ていきましょう。

まずは、差額ベッド代です。病院に入院したときに個室を利用すると、その分は自己負担になります。

その差額については、地域や病院によって異なります。

しかし、病院の都合で個室しか空いていない場合は、差額ベッド代は払う必要はありません。

それから、家族の人が病院まで通う交通費なども自己負担ですね。

また、保険診療以外の診療を受ける際は、その治療だけではなく、全てが保険適用外になるということを知っておいてください。 (さらに…)

健康保険の保障内容を知っておこう

健康保険の保障内容を知っておこう

健康保険制度で受けられる保障について

わが国日本では、誰もが何らかの健康保険制度に加入することが義務付けされています。

サラリーマンの人は「組合健康保険」か「政府管掌健康保険」などの健康保険で、保険料総額の約半分が個人負担で、残りは会社が負担しています。

反対に自営業者は「国民健康保険」に加入することになります。

この保険は自治体で保険料に違いがありますが、所得に応じて保険料が決まっており、上限が年間53万円で全額個人負担になります。

では、その健康保険の中でもまた様々な保障が完備されているので、ここでご紹介しておきましょう (さらに…)

自営業者にも公的保障あり

自営業者にも公的保障あり

遺族基礎年金について

サラリーマンの年金は国民年金と厚生年金でしたが、自営業者の年金は「国民年金」のみだということは、もうみなさんおわかりですよね?

よって、そこから支給される遺族年金は「遺族基礎年金」といいます。

これは、ご主人が亡くなった子どものいる妻そして子ども、母子家庭で母親が亡くなった子どもが対象です。

なお、ここで出てくる子どもも、高校を卒業する年齢までのことです。

あしからず。

また、支給される金額は、国民年金保険を納めた期間にかかわらず定額となっています。

ここで具体的な数字を算出してみると、子どもが3人いる妻には年額132万3,000円、子どもが4人いるならば年額140万4,000円となります。

これは妻が65歳を迎えて受給する老齢年金(79万2,100円)に、子どもの数だけ加算額が加わるためです。

昨今では国民年金の保険料未納が浮き彫りとなっていますが、保険料をきちんと払っていないと、このような遺族基礎年金をももらえないことを十分頭に入れておきましょう。 (さらに…)

福利厚生制度について

福利厚生制度について

福利厚生制度の内容を確認しよう

サラリーマンは万が一のときに備えて何かと国で保障されていることは以前にもお話ししましたよね。

例えば、退職金や弔慰金などです。

また、サラリーマンの場合は、死亡も退職理由に該当するので、もしも不幸があった際は「死亡退職金」が支払われます。

ここで話は変わりますが、昨今では就職活動がかなり厳しい時代といえます。

そんな就職活動をしている学生に「どんな会社に入社したいか」という質問を投げかけると、大手企業や公務員は元より、「福利厚生制度がきちんと整っている会社に勤めたい」という声が意外と多かったのです。

福利厚生制度とは、従業員を守り、より快適に過ごせるために作られた制度のことです。

では、実際に具体例を見てみると、一家の大黒柱が亡くなった時でも遺された子どもを支援する「遺児育英資金」や「弔慰金」そして「産休制度」、「託児所完備」、「安価な生命保険に加入が可能」などです。

ここで示した他にもいろんな制度があるので、一度自分が勤めている会社にどんな福利厚生制度があるのか調べてみましょう。 (さらに…)

サラリーマンには公的保障あり

サラリーマンには公的保障あり

年金について

サラリーマンや自営業の方でも65歳になれば年金を受給できることは、みなさん周知のとおりだと思います。

しかし、ただ年金とはいっても、詳しく分類すると3種類存在することになります。

まずは、「老齢年金(老後の生活の糧)」、次に「遺族年金(亡くなった場合の遺族保障)」、そして「障害年金(障害を負った場合)です。

では、ここで勤め人(サラリーマン)と自営業者の年金のもらい方について説明しましょう。

勤め人は会社などに勤めると必ず厚生年金に加入させられます。

よって、年金としてもらえるのは「国民年金」とこの「厚生年金」の2種類になります。

反対に自営業者は「国民年金」のみです。

こうして見てみると、勤め人の方が国からの保障が手厚いことがよくわかりますね。 (さらに…)

住宅ローンが消えてなくなる仕組み

住宅ローンが消えてなくなる仕組み

住宅ローンには既に生命保険がかかっている

持ち家はひとつの夢だと世間では言われているようですが、実際に持ち家を持ったとしても、額が大き過ぎてたいていの人は現金では購入できません。

よって、必然的に住宅ローンを抱えることになります。

住宅ローンという言葉はよく耳にしますが、では実際に詳しい仕組みについてよくわかっている人はどれほどいるでしょうか?

言わせてもらえれば、そんなに多くはいないと思います。

そこで、ちょっと紹介。ローン借り入れに関しては、借入残高に対して「団体信用生命保険」に加入している場合がほとんどです。 (さらに…)

現在の資産と負債を確認しておこう

現在の資産と負債を確認しておこう

資産の把握について

保険の見直しの前に、必ず行っておくこととして次の2つの作業があります。

それは、自分の家庭の資産と負債を把握しておくことです。

では、生活の糧となる資産の方から説明していきましょう。

着眼する点として、十分な貯金はあるか、お金に換わる不動産はあるか(自宅や自営業の人は店舗それからアパートやマンション、別荘など)、売却すれば現金に換わる資産はあるのか(株、投資信託など)などが挙げられます。 (さらに…)

見直しはゼロからスタート

見直しはゼロからスタート

生命保険の必要性を考える

ここまででくどいようですが、何度も保険の見直しについて推奨してきて、みなさんの保険に対する意識は変わったでしょうか?

「よし!保険をもう一度見直してみよう」と思っていただけたらこれ幸いです。

さらに、付け加えて言いたいことは生命保険は加入するのではなく、家の次に高いものを「購入する」ということです。

このことを十分意識した上で、加入するかどうか決めてくださいね。 (さらに…)