SEO初心者編〜SEO初心者のためのSEO講座〜 


SEO初心者のための、アメブロ専用「SEOこれだけやればOK」 月額300円のサポート半年分付

ホームページは作ったけれど、多くの人に見てもらいたいのだけれど、検索エンジンに表示されない。表示されても順位ははるか彼方・・・・。どうすれば、検索エンジンに重要なページだと認識して貰えるのか?それがSEOです。
初心者でも大丈夫。このサイトを読んで実践すれば、少しでも上へ行けます。

サイトマップ

各検索エンジンの特徴 Yahoo!編

YST

Yahoo!の検索エンジンはYSTといいます。

YSTとは米Yahoo!の開発した独自検索技術Yahoo! Search Technology (ヤフーサーチテクノロジー)のことを言います。

Yahoo!はアルゴリズム型検索技術として Inktomi、AlltheWeb、altavistaを買収し、その集大成がYSTであると言えます。

それまでは、Googleの検索エンジンを利用していました。

※2010年12月頃から再びYahoo!JAPANはGoogleの検索エンジンを採用しています。


YSTクローラー

Yahoo! Inc.が管理、運営している「インデックスクローラー」と呼ばれる検索エンジン用ロボット(ソフトウエア)のことを指します。

このクローラーはHTML内のHREFタグ(通常ハイパーリンクを設定するHTMLタグ)で指定されたリンクを辿って、ページをサーバーへ送り(収集)つつ、www内を巡回していきます。

YSTへ登録

ということで、検索結果に表示されるためにまずは、YSTへインデックス(登録)されることが第一です。

特にクローラーを拒絶する設定(Robots.txtなどでそういうことができる)をしていなければ、外部からのリンクがあれば、いずれ勝手に登録はされていきますが、まずはこちらでサイト推薦をした方がよいと思います。

これでリンクを辿るのではなくてもクローラーの巡回先に加わります。

(説明にはサイトのトップページURLのみで良いとされていますが、早く全てのページを登録して欲しい!というときは、全てのページをがんばって推薦することをお薦めします。いくらか効果があるようですよ)

> http://submit.search.yahoo.co.jp/add/request


また、最近できたばかりの、「サイトエクスプローラー」にも登録しておくことをお勧めします。(サイト作成時点ではベータ版ですが)
サイトマップを登録しておくことで、クローラーがサイト構造を正確に把握できるため、サイト内全てのページ全ての巡回率が上がります。

> https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/

米国版はこちら> https://siteexplorer.search.yahoo.com/
(効果不明ですが、登録できるようなら、したほうが良いようです。英語サイトですがちょっとがんばればできますよ)


尚、難易度は高いですが、Yahoo!カテゴリに登録することもできます。もし登録することができれば検索結果の上位表示には非常に有利になります。
(無料登録は超難関ですが、有料登録はサポートもあり難易度はやや低いようです)

> 非商用サイト(無料登録)はこちら:http://dir.yahoo.co.jp/pg/submit/guide/index.html

> 商用サイト(有料登録)はこちら:http://bizx.yahoo.co.jp/

(商用サイトとは:http://help.yahoo.co.jp/help/jp/bizex/bizex-44.html

参考:http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/
100円リスティング広告
SEOの基礎知識
各検索エンジンの特徴
 Yahoo!編
 Google編
キーワードの重要性
 KEI値とは
 2語キーワードを狙う
HTMLのテクニック
 METAタグ
 TITEL/H/STRONGタグ
 簡易構造化
 動的ページ/フレームページを避ける
被リンクの重要性
 被リンクとページランク
 相互リンク申し込み
SEOスパムとは
 SEOスパム対策
SEOツール
 無料SEOツール
 有料SEOツール
リンクについて
BBS
リンク集(SEO関連)
リンク集(その他)



































激戦キーワードをたった3ステップの簡単な作業でギュイーンと検索エンジン一位を奪取する!SPEED-SEO JUGUAR(ジャガー)




SEO初心者編 All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。