SEO初心者編〜SEO初心者のためのSEO講座〜 


SEO初心者のための、アメブロ専用「SEOこれだけやればOK」 月額300円のサポート半年分付

ホームページは作ったけれど、多くの人に見てもらいたいのだけれど、検索エンジンに表示されない。表示されても順位ははるか彼方・・・・。どうすれば、検索エンジンに重要なページだと認識して貰えるのか?それがSEOです。
初心者でも大丈夫。このサイトを読んで実践すれば、少しでも上へ行けます。

サイトマップ

キーワードの重要性

KEI値とは

KEI値(Keyword Effectiveness Index)とはキーワード有効性指標のことです。

次式で求められます

KEI値 = 該当キーワードの月間検索数の2乗 ÷ 該当キーワードでの検索結果のページ件数

具体的には、あるキーワードを使ったWebページにSEO対策することにどれ程効果があるかを測る指標です。

KEI値が大きいという事は、月間検索数の割にページ数が少ないという事ですので、競合が少なく、検索エンジンで上位表示させやすいと言えます。

できれば選定するキーワードは、KEI値が1000以上になるものが望ましいと思います。

(KEI値のすごさはサイト運営すれば十分に体験できます)

この指標が全てではありませんが、KEI値の高いキーワードを狙ってサイトをテーマを決めたり作りこんでいくことは大事なことです。

但し、KEI値が高くても以下の場合は来訪が見込みにくい例になるので、要検討です。

・月間検索回数が少ない(絶対数が少ない)

・検索ページ数が多い(強豪サイトが多いので上位表示が難しい)

KEI値は以下サイトで調べることができます。

キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策



KEI値以外の有効性指標

狙ったキーワードが有効かどうかには、もう一つ指標があります。

上位表示を争う強豪相手が強いのか弱いのかという分析です。

1つはGoogleのページランクを利用します。検索結果に表示される20位くらいまでのサイトを確認してページランクをチェックします。

通常は1〜2です。3〜4で埋め尽くされていると、すぐにこれらを追い抜くのは難しいでしょう。5以上になるとかなりの強豪です。

1つは、Yahoo!カテゴリで検索し、その結果多くのサイトが登録されている分野は強豪がひしめいていると言えます。流行があるので一概にはいえませんが、Yahoo!カテゴリへの登録も難しくなるでしょう。

このもう1つの指標を無視してKEI値のみでキーワードの有効性を考えると失敗します。

サイト運営する人は、みな同じようにまたはあなたより強力にSEOを行っていると思われるからです。

当然競争率の高いキーワードで上位表示されているサイトは尚更でしょう。

ライバルの少ない、弱いカテゴリを探すのは大事なことです。


100円リスティング広告
SEOの基礎知識
各検索エンジンの特徴
 Yahoo!編
 Google編
キーワードの重要性
 KEI値とは
 2語キーワードを狙う
HTMLのテクニック
 METAタグ
 TITEL/H/STRONGタグ
 簡易構造化
 動的ページ/フレームページを避ける
被リンクの重要性
 被リンクとページランク
 相互リンク申し込み
SEOスパムとは
 SEOスパム対策
SEOツール
 無料SEOツール
 有料SEOツール
リンクについて
BBS
リンク集(SEO関連)
リンク集(その他)



































激戦キーワードをたった3ステップの簡単な作業でギュイーンと検索エンジン一位を奪取する!SPEED-SEO JUGUAR(ジャガー)




SEO初心者編 All copyrights 2007 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。