趣味からはじめるお金の稼ぎ方

「楽しい」うえに自分もお客さんも「幸せ」になれる世界、やればやるほど「趣味」が「収入」になる世界があります。

お客さんはコミュニケーションも一緒に買っている

お客さんはコミュニケーションも一緒に買っている

お客さんはコミュニケーションも一緒に買っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

では、具体的に創意工夫でオリジナリティを出す方法を見ていきましょう。

他がやっていなくてあなたができるサービスには、一体何があるでしょう?

単純な例では、「将棋スタート講座」のような初心者向けの講座の開催、もしくはテキストの販売を行って、そこに「メール相談サービス」を付けるパターンが考えられます。

通常、友達に何度も聞くのは気が引けますし、テキストを買ってもなかなか著者や出版社には質問しづらいものです。

そういう「お客さんの不満を埋める」サービスを提供するのです。CDやDVDを作るにはそれなりの知識と技術が必要になりますが、「移動中でも学習できる」「パソコンで簡単に再生&学習可能」などのメリットを提供できます。

他にもテキストを問題集的な作りにするという方法もします。

物事を覚えるには、問題で覚える方がはるかに効率がいいのです。

こんな風に、他の人がやらない方法やサービスを付けることでオリジナリティが生まれ、あなたのところで教えてもらおうという人が集まってくるようになるのです。

しかし、そうすると「私よりレベルの高い人に教えて欲しくなるのでは?」という不安が起こってきます。

でも、初心者であればあるほど上級者には質問しづらいものです。

「こんなこと聞いて笑われないかな」「こんな質問、失礼じゃないかしら」あなたもそんな経験があると思います。

その道のプロが作った教材は、初心者にはどこかなじめないところがあるものです。

それよりも身近で上手な人の教室に通う方が安心して学ぶことができます。

それと同じで、レベル0~2の人は、はるかレベルが高い人から学ぶよりも「少し上の」人たちからの方が安心して学べるわけです。

そう考えると、この事例も少し現実味を帯びて見えてくるのではないでしょうか。

高レベルの人は、自分より初心者のあなたがやっていることにいちいち興味を示しません。

もし興味を示したとしても、「なんだ、自分の知っていることばかりだ」と、自分から去ってくれます。

あなたの趣味をベースにして、あなたにできる範囲のことをやっていけば、あなたにぴったりのお客さんだけが自然と集まってくるのです。

もちろん、よりよいサービスや商品を提供できるに越したことはありませんから、少しずつレベルアップしていくための取り組みも忘れずに行いましょう。

そうすると、これまで創意工夫とオリジナリティのあるサービスを提供してくれたあなたに、絶対の信頼を寄せている人がたくさんいるはずですから、次のステップもあなたから学びたい人がたくさんいるという流れになるのです。

「水彩画」の初心者なら、複雑のタッチや高度な技法よりも絵の混ぜ方や下書き、色塗りの順番などを先に知りたいでしょうし、「昆虫採集」の初心者であれば、ややこしい虫の種類よりも虫の集まるスポットや基本的な虫の捕まえ方を知りたいものです。

このように、どんな趣味でもあなたより初心者の方がいて、その情報を探している人がいるものです。

ですから、あなたの趣味レベルが浅くても趣味起業は十分可能なのです。

整うのを待たなくてもいいのです。

ぶさいくなままでスタートしましょう。あなたが自分の趣味レベルで風呂議を書き、メルマガを書き、教材を作る。

あなたより上級の人は自然と去ってくれ、逆に興味を持った人たちだけが自然に集まってくれるのです。

つまり、あなたが等身大で展開する趣味起業には、自然と想定したお客さん候補だけが残ってくれるということです。

あなたの趣味でビジネスが可能だということをまず認識してください。

そしてそれを活かさないことは、ものすごくもったいないことだと気づいてください。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です