趣味からはじめるお金の稼ぎ方

「楽しい」うえに自分もお客さんも「幸せ」になれる世界、やればやるほど「趣味」が「収入」になる世界があります。

パソコンとインターネットで趣味起業が可能に!

パソコンとインターネットで趣味起業が可能に!

パソコンとインターネットで趣味起業が可能に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人は野球で食べていくには「プロ野球選手になる」、音楽で生きていくには「ミュージシャンになる」といった発想しか思いつきません。

でも、仮に大好きなギターを楽しもうと思ったら、「楽器店でギターを買う」以外にも、「ギターの教本を買う」「ギター教室に通う」など、ギターのためにお金を使うことはいろいろあるでしょう。

つまり「お金を受け取る側」に回れば、プロでなくても「ギター」で稼ぐことが可能になるのです。

野球も、道具を買う、ユニフォームを作る、上達本を買う……と、お金を使うシーンはたくさんあります。

そしてやはり、商売としてお金を受け取る側に回ることで、大好きな野球で稼ぐことができるのです。

「そんなことを言っても、自分で教室を開くだけの資金がない」「上達本を売るなんて、できるわけない」と感じていませんか?

確かに、実際に店舗を持ったり、本を書いて書店に並べたりするには、それなりの資金や知名度、知識が必要になりますから、かなり難しいでしょう、そこで登場するのがインターネットです。

インターネットなら、そういった条件がなくても「趣味」を活かしたビジネスが可能になります。

ブログさえ書けるようになれば、ゼロから半年で収入を作れるようになるのです。

では、なぜインターネットを使うと、趣味で収入を得られるようになるのでしょうか?

先ほどの例を元に、簡単なビジネスモデルを見てみましょう。

まず「ギター」の場合、ギター関連の雑貨を売ろうと思えば、仮に店舗がなくてもネットオークションで販売することが可能です。

また、商品を仕入れるだけの資金がないのであれば、関連商品のアフィリエイトという方法もあります。

これなら資本金を必要ありませんから、もっと簡単に始めることができます。

「オークションなんて、みんなやってる」「そんな簡単に売れるわけない」という声が聞こえてきそうですが、確かに、これまでのオークションやアフィリエイトといった、一般的にネット副業・起業の方法をそのまま実践するだけでは、よほどいい商材を扱わない限り、簡単には売れません。

でも、趣味起業は違います。まず、自分の趣味に共感してくれる人(お客さん候補=見込み客)をブログに集めることから始め、趣味に関する情報を発信しながら信頼関係を築いていく、という流れでビジネスをしていきます。

そうすることで、やがてお客さんから「それ、売ってください」と言われるようになってきます。

これが趣味起業の基本です。

この状態になれば、オークションやアフィリエイトの知識がなくても商品が売れるため、「趣味で起業する」ことが可能になるのです。

実際に会って教えたり、教材を販売したり、さらにはSkypeを使ってネット上でアドバイスすることも可能です。

サーフィンで趣味起業し、とうとう脱サラしてしまったTさんの話ですが、普通「サーフィンで稼ぐ」といえば、プロサーファーやインストラクター、関連グッズを実店舗やネットショップで売るくらいでしょう。

Tさんがやったのは、何と「サーフィンが上手くなるためのセミナーを会議室で開く」だったのです。

普通はサーフィンの指導を会議室でやりませんよね。

しかし、Tさんのセミナーには参加者が殺到し、しかも、どうしても参加できないお客さんから「セミナーの様子を撮ったDVDを売ってください」と、Tさんが「撮影する」とも「売ります」とも言っていないのに、勝手に予約が入ってしまうそうです。

これが、趣味起業の面白いところです。

突拍子もないアイデアを実施してもお客さんがつき、しかもお客さんから「欲しい」「売ってください」と言われるようになるのですから。

もちろん、ブログの書き方の「コツ」があります。

そのコツを掴めば、ライバルの多そうな趣味でもしっかり稼げるようになるのです。


»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です