趣味からはじめるお金の稼ぎ方

「楽しい」うえに自分もお客さんも「幸せ」になれる世界、やればやるほど「趣味」が「収入」になる世界があります。

趣味で起業するから、楽しく工夫できて、それが続く

趣味で起業するから、楽しく工夫できて、それが続く

趣味で起業するから、楽しく工夫できて、それが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に、新しいビジネスが成功する確率は約3割といわれています。

それなのになぜ、趣味企業の成功確率は8割と高いのでしょうか。

もちろん成果の大小はありますし、副業・起業合わせての割合なので、一律に比べることはできませんが、成功の理由として3つのポイントが挙げられます。

1番目は「楽しいから続けられる」ということ。

自分自身が楽しいと感じないと、仕事は長続きしません。

少しでも失敗したり、上手くいかない期間が長かったりすると、嫌気がさしてモチベーションが下がってしまいます。

趣味起業はそもそも自分の「趣味」「好きなこと」に取り組んでいるため、多少の失敗や上手くいかない期間も気がつけば乗り越えてしまっているのです。

成功している方の多くがこのパターンです。2番目は「お客さんの気持ちがよく分かる」ということ。

自分自身の趣味をビジネスにしていると、同じ趣味を持っているお客さんの気持ちが手に取るように分かるようになるためです。

ペット好きと言えない人が「儲かりそう」という理由だけでペット関連のビジネスを始めても、ペット好きなお客さんの本当の気持ちは分かりませんよね。

大まかな理解はできても細かい配慮まではできないわけです。

「お客さんの立場になれる」という要素が、趣味起業の成功率を押し上げているのです。

最後のポイントは「創意工夫がしやすい」ことがあげられます。

自分の趣味の世界でビジネスをしているため、商品やサービスの内容を自分なりにアレンジしたり、工夫したりできる幅が広がるということです。

「お花」ビジネスだったら、格式張った「生け花」ではなく「3分でできるフラワーアレンジ」を提案する。

イタリアをテーマにしているなら、イタリア留学の相談会サービスを行う。

自分が大好きなテーマであれば一般的な発想にとらわれることなく、お客さんにも喜んで欲しい一心で自由な発想ができるのです。

また、この創意工夫の時間そのものが楽しくて仕方ないのも事実です。

これ以外にも、単純に「趣味と連動しているのでお客さんが集まりやすい」「人は趣味に使うお金を惜しまない」など、様々な理由があります。

3つの主なポイントに加えてこのような要因があるため、趣味起業は上手くいく確率が高いようです。

ただ、こんな話をすると「自分の趣味はお金をもらえるレベルではない」「自分よりベテランの人がいっぱいいるから無理」「もっと趣味を極めてからでないと……」と感じる人が多いでしょう。

そこで、次は「あなたの趣味レベルは趣味起業そのものに影響しない」、つまり「趣味を極めているかどうかは、趣味起業でお金を稼ぐことには無関係」ということを説明してきましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です