子宮頸がんとは 

◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・貧血の方が数多く実践中!!

子宮頸がんは治る病気です。ワクチンと定期検診でしっかり予防しましょう。若いうちからやっておくことが大切です。

サイトマップ

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頚がん予防ワクチンは腕の筋肉に接種します

子宮頸がん予防ワクチンは半年間に3回接種します

初回接種、初回接種から1ヶ月後、初回接種から6ヶ月後の合計3回の接種が必要です。

3回接種することで十分な効き目が得られるため、きちんと最後まで接種することが重要です。


接種後の症状について

ワクチン を接種した後に、注射した部分が腫れたり痛むことがあります。

このような痛みや腫れは、体内でウイルス感染に対して防御する仕組みが働くために起こりますが、通常数日間程度で治ります。

主な副反応

頻度10%以上:かゆみ、注射部分の痛み・赤み・腫れ・胃腸症状(吐き気嘔吐下痢腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労

頻度1〜10%未満:発疹、じんましん、注射部分のしこり、めまい、発熱、上気道感染

頻度0.1〜1%未満:注射部分のピリピリ感/ムズムズ感

頻度不明:失神・血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)

重い副反応

重い副反応として、まれにアナフィラキシー様症状(血管浮腫・じんましん・呼吸困難など)があらわれることがあります。


子宮頸がんQ&A



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
子宮頸がんとは
子宮頸がんの初期は殆ど無症状
発がん性HPVに感染しても子宮軽がんになるのはごく一部
子宮頚がんを予防できるワクチン
子宮がん検診
子宮頸がんはワクチンと定期健診で予防できる
子宮頸がん予防ワクチンについて
子宮頸がんQ&A
子宮頸がんについて覚えておくこと
お医者さんが教えてくれない、不妊症を自宅で改善するマニュアル
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
「幸せ結婚プログラム」結婚をあきらめていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法

























子宮内膜症 術後



子宮頚がんとは All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。