子宮頸がんとは 

◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症・貧血の方が数多く実践中!!

子宮頸がんは治る病気です。ワクチンと定期検診でしっかり予防しましょう。若いうちからやっておくことが大切です。

サイトマップ

子宮頸がんQ&A

Qまだ若いから、検診を受けなくても大丈夫?

A子宮頸がんは比較的若い女性に多くみられ、特に20〜30代の女性に急増しています。

子宮頸がんは若い女性の妊娠や出産の可能性を脅かし、尊い命を奪うがんなのです。

若いときからきちんと検診をうけましょう。


Q発がん性HPVは性交渉で感染すると聞きましたが、私は男性経験が多くないから検診を受けなくても大丈夫?

A複数のパートナーとの性交渉は、子宮頸がんのリスクを高めるといわれていますが、直接の原因ではありません。

パートナーが1人の場合でも子宮頸がんになる可能性はありますので、必ず検診を受けましょう。


Qワクチンを接種すれば子宮がん検診を受けなくても大丈夫?

A子宮頸がん予防ワクチンは、特に子宮頸がんになりやすいHPV 16型と18型の感染を予防しますが、全ての発がん性HPVの感染を防ぐものではありません。

子宮頸がんを完全に予防するためには、ワクチン接種後も定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。

Q性交渉の経験があるので、すでに発がん性HPVに感染しているかもしれません。ワクチンを接種しても効果は期待できますか?

A現在発がん性HPVに感染しているとしても、今後自然に排除される可能性が高いです。

しかし、このウイルスは何度も感染することがあるため、ワクチン接種して次の感染を防ぐことが大切です。

ただし、ワクチンは接種前に感染している発がん性HPVを排除したり、発症している子宮頸がんや前がん病変の進行を遅らせたり、治療することはできません。


子宮頸がんについて覚えておくこと



いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
子宮頸がんとは
子宮頸がんの初期は殆ど無症状
発がん性HPVに感染しても子宮軽がんになるのはごく一部
子宮頚がんを予防できるワクチン
子宮がん検診
子宮頸がんはワクチンと定期健診で予防できる
子宮頸がん予防ワクチンについて
子宮頸がんQ&A
子宮頸がんについて覚えておくこと
お医者さんが教えてくれない、不妊症を自宅で改善するマニュアル
リンク集
【癌】抗がん剤、放射線も使わずに食事だけで癌を改善する藤城式食事法。「ガン総合免疫研究所」の所長が明かす、末期癌や転移癌から生還した食事療法とは!?(180分動画付き)
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き...)を解消! 寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」
「幸せ結婚プログラム」結婚をあきらめていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法





































子宮外妊娠 手術



子宮頚がんとは All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。