葬儀執行マニュアル

葬儀・法要の作法と手順と挨拶 

葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

あなたは急な訃報に準備はできていますか?葬儀(通夜)・法要(法事)の作法や手順(マナー)と挨拶はこちらのサイトで確認ください。
気になる香典の額や、基本的な焼香の仕方まで何でも解説しています。(仏教式、神式、キリスト教式対応です)

サイトマップ TOP > 葬儀と法要について >

法要の手順

仏式の進め方

まず、法要の日時と式場が決まったら、案内状を発送します。



法要については、特に決まった式次第はありません。

僧侶遺族と相談して内容を決めますが、僧侶に読経を依頼する一般的な法要の進め方は次のようになります。

自宅または法要の会場で、僧侶が仏壇の正面に座り、参列者が席に着いたのを確認して、施主は法要開始の挨拶をします。

僧侶が仏壇に合掌礼拝をしますので、参列者もそれに倣います。

読経が始まって僧侶からの合図で、故人との血縁関係が濃い遺族や親族から焼香をし、参列者も続きます。

読経、焼香が済むと、僧侶の法話がある場合もあります。

そして、施主は法要終了の挨拶をし、墓参りを行う場合にはその旨を伝えます。

四十九日忌の法要の祭に納骨を行う場合には「納骨式」となります。

墓参りでは、まず僧侶が読経し、終わったら施主から順に墓石に水をかけ、供物線香を供えます。

卒塔婆を立てる場合は、前もって寺院に依頼しておき、墓に行った際に墓に立てて供養します。

墓参りが済んだら、法要の会場に戻り、法要後の会食の「お斎:おとき」になります。

また、49日忌では位牌を白木のものから塗りの位牌に替えます。

僧侶に「入魂供養」をしてもらい、仏壇に納めます。

仏壇がない場合には49日までに用意します。

お盆の供養

お盆を迎えるにあたっては仏壇をキレイにし、仏壇の前に精霊棚をつくります。

小机に真菰:まこもや簀子:すのこを敷き、位牌を安置し、香炉果物野菜菓子などを置きます。

が馬や牛でやってくるという言い伝えから、ナスで牛を、キュウリで馬をつくります。

8月13日の夕方、家の玄関に迎え火をたいて祖先の霊を迎え、16日には送り火で霊を送ります。

お彼岸の供養

お彼岸は、春分の日、秋分の日を中日として7日間行われる「彼岸会:ひがんえ」という仏教行事のことです。

お彼岸の期間中、家庭では特別な決まりはありませんが、春には仏壇に牡丹餅、秋にはお萩を供え、灯明線香を絶やさないようにします。

また、一般にこの時期に墓参りをします。


神式の進め方

神式追悼式である霊前祭祖霊祭の進め方はほとんど変わりません。

墓前の場合でも自宅の場合でも、まず、神官により霊前に洗米、水、供物供花などを供える献饌:けんせんが行われ、礼拝祭詞奏上と続きます。

そのあと参列者が仏式の焼香にあたり玉串:たまぐしを奉奠:ほうてんします。

玉串は、木綿または紙をつけて神前に捧げる榊の枝のことで、祭壇に供えた後は2礼2拍手1礼します。

祭儀終了後は宴席を設けます。

50日祭をもって忌明けとなりますので、盛大な祭儀が営まれます。

この日か翌日に忌明けを意味する清祓いの儀を行い、神棚に貼ってあった白紙を取ります。

葬儀の際にいただいた玉串料も50日祭の忌明けの挨拶状とともにお返しします。

その後、50日祭から100日祭までの間に、霊璽を祖先の霊を祀る御霊舎に移す合祀祭をします。

式年祭は、その年の故人の祥月命日に行っていきます。

キリスト教式の進め方

カトリックでは、追悼ミサは亡くなってから3日目、7日目、30日目に行われ、そのあとは1年ごとに教会でミサを行います。

追悼ミサでは神父の祈りと説教、それが終わったあと、茶話会を開いて茶菓子軽食でもてなします。

カトリックでは毎年11月2日に万霊節が営まれ、死者の霊を弔うために追悼ミサが行われます。

プロテスタントの場合は、亡くなってから1ヶ月目の命日(召天記念日)に、自宅または教会か墓前で記念式を行います。

その後は1年ごとに行います。

記念式では、牧師の祈り説教があり、聖書を朗読した後、賛美歌を歌って祈りを捧げます。

墓前にはカーネーション小菊などを供えるのが一般的です。

その後は茶菓子や軽食を食べながら故人を偲びます。

尚、納骨はカトリック、プロテスタントともに亡くなってから50日目か1ヶ月目に行うのが普通です。


葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
●葬儀と法要について
  葬儀の手順
  法要の期日と意味
  法要の手順
  お墓の知識
危篤・臨終時の手順と通知
弔問の手順と挨拶
通夜の手順と挨拶
葬儀・告別式の手順と挨拶
法要・追悼会の手順と挨拶
葬儀・告別式の知識
お役立ち知識
リンクについて
リンク集(葬式関連)
リンク集(その他)
現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」
もう誰一人として、悪質な葬儀社に「高額な葬儀代金」を支払うのはやめて下さい!





























































































葬儀執行マニュアル




葬儀・法要の作法と手順と挨拶 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。