葬儀執行マニュアル

葬儀・法要の作法と手順と挨拶 

葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

あなたは急な訃報に準備はできていますか?葬儀(通夜)・法要(法事)の作法や手順(マナー)と挨拶はこちらのサイトで確認ください。
気になる香典の額や、基本的な焼香の仕方まで何でも解説しています。(仏教式、神式、キリスト教式対応です)

サイトマップ TOP > 葬儀と法要について >

法要の期日と意味

仏式の法要

法要(または法事)は、故人冥福を祈って追善供養をすることをいいますが、一般には葬儀後の追悼儀式を表します。



遺族が法要を行い、故人の成仏を願うことで極楽浄土で往生することができると考えるわけです。

仏教では、亡くなった日から数えて7日ごとに7回、生前の行いに対して閻魔さまの審判を受けなければならないといわれています。

そして、その審判結果により故人が地獄に行くか極楽に行くかが決まります。

その7回とは、7日目(初七日)、14日目(二七日)、21日目(三七日)、28日目(四七日)、35日目(五七日)、42日目(六七日)、49日目(七七日)で、この審判の日を忌日、49日目までを中陰といいます。

遺族はこの忌日に閻魔帳に書かれている罪状を消滅させるよう祈ります。

これを追善供養といい中陰までの忌日法要の意味です。

49日目(満中陰といいます)になって、極楽浄土行きの裁きが出た後は、故人が仏になってはじめての百か日忌の法要があります。

百か日忌を過ぎたあとは故人の命日に年忌法要になりますが、亡くなった翌年を一周忌、その次の年を三回忌と数えます。

そして、49日までの忌日法要の7回と、百か日忌、1周忌、3周忌を合わせて10法事といいます。

このあとは3と7の年に法要を行い、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌と続きます。

そして、さらに三十七回忌、五十回忌、百回忌と続いていきますが、仏教では49日に地獄行きの裁きが出て地獄に落ちた罪人も、33年を経過すれば極楽浄土へ行けると考えられているため、33回忌を一区切りにします。

その他、法要のほかにも故人を供養するという意味では、お盆お彼岸があります。

お盆は8月13日から16日までの4日間で、死者の霊が自宅に帰ってくるといわれ、特に故人が亡くなってからはじめてのお盆である「新盆」は、遺族、親族が集まって丁重に供養します。

地域によっては7月の場合もあります。


神式の法要

神式では仏教の法要にあたる行事を霊祭といい、亡くなってから1年間を霊前祭、3年目以降を祖霊祭と呼んでいます。

霊前祭は、亡くなった日の翌日にまず翌日祭が営まれます。

以後、10日ごとに10日祭、20日祭、30日祭、40日祭、50日祭と続き、現在では50日祭をもって忌明けとしています。

この後は100日祭、1年祭となります。

祖霊祭は、3年祭、5年祭、10年祭を行い、そのあとは10年ごとに式年祭を50年祭まで行います。

キリスト教式の法要

カトリックでは3日目、7日目、30日目に追悼ミサが行われ、それ以後は特に決まりはありませんが、月の命日や毎年の命日(召天記念日)などに命日祭として追悼ミサが行われたりします。

プロテスタントでも特に決まりはなく、1ヶ月目、半年目、1年目の命日(召天記念日)に記念式を行ったりします。

キリスト教で死後の法要に特に決まりがないのは、仏教や神道のように死が忌むべきものではなく、神の御許に召される祝福すべきものだと考えられているためです。

無宗教式の法要

特定の宗教にとらわれないで葬儀・告別式を行った場合、仏式の法要に当たるものが、追悼会と考えてよいでしょう。

「思い出を語る会」「偲ぶ会」などの名目で、自由に行います。

一般に命日に行うことが多いようですが、故人に関係のある思い出の日や記念の日に執り行うこともあります。
葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
●葬儀と法要について
  葬儀の手順
  法要の期日と意味
  法要の手順
  お墓の知識
危篤・臨終時の手順と通知
弔問の手順と挨拶
通夜の手順と挨拶
葬儀・告別式の手順と挨拶
法要・追悼会の手順と挨拶
葬儀・告別式の知識
お役立ち知識
リンクについて
リンク集(葬式関連)
リンク集(その他)
現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」
もう誰一人として、悪質な葬儀社に「高額な葬儀代金」を支払うのはやめて下さい!
































































葬儀執行マニュアル




葬儀・法要の作法と手順と挨拶 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。