葬儀執行マニュアル

葬儀・法要の作法と手順と挨拶 

葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

あなたは急な訃報に準備はできていますか?葬儀(通夜)・法要(法事)の作法や手順(マナー)と挨拶はこちらのサイトで確認ください。
気になる香典の額や、基本的な焼香の仕方まで何でも解説しています。(仏教式、神式、キリスト教式対応です)

サイトマップ TOP > 葬儀と法要について >

お墓の知識

墓地の種類

先祖代々のお墓があり、そこに合祀する場合はいいのですが、なければお墓を建てなければなりませんし、お墓を建てる前には墓所を用意しなければなりません。



墓地はどこが管理するかによって寺院墓地公営墓地民営墓地の3つに分けられます。

寺院墓地は、寺院や教会などの宗教法人が管理するもので、昔から檀家か同じ宗教でなければ使用できない仕組みになっています。

公営墓地は、都道府県市町村などの自治体が管理運営する墓地です。

永代使用料や管理料が安く、宗教、宗派を問わず埋葬することができますが、生前に墓地を購入することはできません。

民営墓地は、宗教法人や財団法人が管理運営するものです。

宗教、宗派に関係なくだれでも入れる利点がありますが、永代使用料や管理料が公営のものに比べるとかなり高額になります。

そして、管理運営が宗教法人、財団法人とはいっても、経営母体は土地開発会社石材会社などの民間企業ですから、親会社の経営状態によっては管理運営に問題が出てくることもあります。

神道では死を穢れたものと考えるため、神社は墓地を所有していません。

ですから、神式の場合は、宗教を問わず埋葬できる公営・民営の霊園に入ることになります。

キリスト教の場合は、教会や各地区に墓地を所有していたり、納骨堂を備えたりしています。

お墓を建てる時期

新しくお墓を建てるときに時期の規定はなく、墓地さえ購入していれば、いつ建ててもかまいません。

ふつう納骨は49日の法要の際に行われることが多いのですが、新しくお墓を建てるとなると、規模や種類にもよりますが、最低でも1〜2カ月はかかりますから、百か日忌か1周忌の法要に合わせて建てることが多いようです。

墓地を探すところから始めるなら無理をせず、3回忌に合わせてもよいでしょう。

生前に自分のお墓を建てておくことを「寿陵」とか「生前墓」といいます。

最近では墓地の不足や子供に負担をかけたくないなどの理由で、寿陵が増えてきています。

そのときの墓石の文字は赤く塗っておきます。


お墓の形と材質

墓石の形で一般的なのは、仏教神道に多い角柱塔型のものです。

また、洋型と呼ばれる横長の墓石も増えてきました。

墓石の形はどんなものでも構わないので、最近ではオリジナルデザインのものもつくられるようになってきました。

使われる材質で一般的なのは、御影石黒御影石安山岩閃緑岩などです。

これらの石は硬くて、雨風に強く、磨くと光沢が出ます。

お墓の種類

以前は死者が出るたびに新しくお墓を建てる単独墓もありましたが、現在では少なくなり、家または一族のための合祀墓が一般的になってきています。

合祀墓の場合は、死者が出ると、墓碑の裏や墓誌に戒名や俗名、死亡年月日を順に刻んでいきます。

ほかに、夫婦2人だけのための比翼墓や、子供が幼くしてなくなったときに、お地蔵様をかたどった地蔵墓を建てることがあります。

お墓の構成

1基のお墓の構成は、墓地の面積によって違ってきますが、必要なものとしては、墓石、納骨棺(カロート)、花立て香立てなどです。

合祀墓の場合なら墓石の手前に墓誌を建てますし、浄土真宗以外では卒塔婆立てが必要になります。

その他の付属品として、灯籠物置台つくばい名刺受けなどがあります。

仏式以外のお墓

神式の墓石の形は仏式とほとんど変わりません。

キリスト教式の墓碑は洋型が基本で、十字架を立てたり、掘りこんだりします。


葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
●葬儀と法要について
  葬儀の手順
  法要の期日と意味
  法要の手順
  お墓の知識
危篤・臨終時の手順と通知
弔問の手順と挨拶
通夜の手順と挨拶
葬儀・告別式の手順と挨拶
法要・追悼会の手順と挨拶
葬儀・告別式の知識
お役立ち知識
リンクについて
リンク集(葬式関連)
リンク集(その他)
現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」
もう誰一人として、悪質な葬儀社に「高額な葬儀代金」を支払うのはやめて下さい!











































































葬儀執行マニュアル




葬儀・法要の作法と手順と挨拶 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。