葬儀執行マニュアル

葬儀・法要の作法と手順と挨拶 

葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

あなたは急な訃報に準備はできていますか?葬儀(通夜)・法要(法事)の作法や手順(マナー)と挨拶はこちらのサイトで確認ください。
気になる香典の額や、基本的な焼香の仕方まで何でも解説しています。(仏教式、神式、キリスト教式対応です)

サイトマップ TOP > 危篤・臨終時の手順と通知 >

危篤・臨終時の手順と通知

危篤・臨終時の手順

@危篤通告

銀行などから預金を引き出して現金を引き出して現金を用意しておく


A危篤の連絡

早朝・深夜でも構わない。親族はできるだけ早く集まるように。

B臨終通告

事故などによって亡くなった場合は、警察による司法検体などがある。

C末期の水、湯灌、死に化粧、死に装束

末期の水は故人に近しい人から順に。

D遺体安置

顔に白布をかけ、北枕にして寝かせる。

E葬儀社に連絡

葬儀の形式と規模などを決める。寺社と相談して日取りを決める。

F喪主・世話役を決める

世話役は規模が大きくなると人数も多く必要。

G寺社へ連絡

日取りと規模の確認。お寺には戒名を依頼する。


H枕飾り・枕経

I納棺

暑い時は遺体が傷まないよう処置をする。

J死亡の連絡と通知

会社・学校 町会などに連絡する。団体や同好会などにも忘れずに。

K死亡診断書と死亡届けの提出

死亡届けは死後7日以内に届け出る。

L死体火葬許可申請書の提出

この申請書が、火葬許可証となって戻される。

M火葬許可証の交付

火葬許可証を受け取ると、火葬場へ連絡して日時を決める。

N世話役との打ち合わせ

各係の人数や人の配置などを決める。即日返しにするときは挨拶状供養品の用意をする。


葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方
葬儀と法要について
●危篤・臨終時の手順と通知
  危篤・臨終時の手順
  危篤の連絡
  死亡診断書と死亡届け
  死亡の連絡と通知
  葬儀の準備と手続き
弔問の手順と挨拶
通夜の手順と挨拶
葬儀・告別式の手順と挨拶
法要・追悼会の手順と挨拶
葬儀・告別式の知識
お役立ち知識
リンクについて
リンク集(葬式関連)
リンク集(その他)
現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」
もう誰一人として、悪質な葬儀社に「高額な葬儀代金」を支払うのはやめて下さい!
















































葬儀執行マニュアル




葬儀・法要の作法と手順と挨拶 All copyrights 2009 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。