探偵の手口と手法を知る

探偵とは、尾行、聞き込みなど調査を行うことによってデータ、証拠を集め報告する仕事を行う人のことです。

依頼料の謎
このエントリーをはてなブックマークに追加

依頼料の謎

依頼料の謎

依頼料の謎

依頼料の相場というのは、一般的にはなかなか知られないところです。

探偵社もその料金を公開していません。

探偵社に言わせれば、それぞれの案件によって依頼料が変わるので料金を決めることは難しいというのでしょう。

しかし、目安はあるはずです。

探偵社はその目安すらも公開していません。

何故でしょうか。 (さらに…)

依頼料のシステム

依頼料のシステム

依頼料のシステムはどうなっているかというと、一言で言って「会社によって千差万別」です。

代表的な料金システムは時間料金制、パック料金制、成功報酬制の三種類あります。

そのうちの時間料金制とは、一時間毎に料金が加算されるものです。

一番多く採用されています。

ただし、時給いくら…のように簡単にはいきません。

というのも、時間料金制の中に基本料金があるからです。

基本料金は一日、探偵尾行調査をする時の最低稼働時間を料金にしたものです。

その該当の調査が一時間で終わっても、その日は他の仕事を引き受けることができないので、たとえば四時間分の時間料金を設定しておくのです。

その基本の四時間を超えたら、延長料金になります。

また、探偵社によりますが、深夜や早朝の割増し料金を設定しているところもあります。 (さらに…)

調査ごとの金額

調査ごとの金額

依頼料の目安についてですが、尾行調査の場合はどうでしょう。

一時間あたり調査料金でわかると思います。

探偵二人で尾行調査を行う場合の一時間の調査料金はどうかというと、大規模な探偵社では20,000円から25,000円が相場でしょう。

一日10時間なら20万から25万程度になります。

それよりも小さい中規模探偵社では、一時間15,000円から20,000円で、15万から20万程度です。

小規模、または個人経営の探偵社では10,000円から15,000円で、一日10万から15万くらいです。

依頼者はこの調査料金にプラス深夜早朝の割増料金や実費も追加されることをお忘れなく。

内偵調査の場合は、尾行調査よりも複雑になります。

たとえば結婚調査1つをとっても、どこまでターゲットのことを調べるのかによって依頼料が変わってきます。 (さらに…)