探偵の手口と手法を知る

探偵とは、尾行、聞き込みなど調査を行うことによってデータ、証拠を集め報告する仕事を行う人のことです。

内偵調査の基本とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

内偵調査の基本とは

内偵調査の基本とは

内偵調査の基本とは

内偵調査はターゲットの信用度をはかることが目的です。

聞き込みしたりデータを集めたりすることがこの調査のやり方です。

指示書の作成

尾行調査と同じように指示書から作っていきます。

指示書のターゲットの事前情報は尾行以上に膨大なものになります。

雇用調査の場合は、会社から提供してもらいます。

事前調査でターゲットの卒業高校がわかれば、まず名簿屋から情報を買い、名簿や卒業確認を行います。

また名簿に書いてあれば当時のターゲットの住所や進路をゲットできることもあります。 (さらに…)

内偵専門と尾行専門の探偵の違い

内偵専門と尾行専門の探偵の違い

探偵社では尾行調査内偵調査が二つの車輪となっています。

しかし、尾行、内偵どちらも得意という探偵は案外少なく、どちらかが専門というのが多いです。

尾行調査はターゲットを尾行するという直接的な調査であり、内偵調査とは関節的にデータを集める調査方法です。

尾行が相手の動きに合わせて受け身なのに対し、内偵は攻めの調査ともいえます。

ただ待ちの状態では、情報は手に入れられません。

尾行専門の探偵は得てして度胸がなくテクニックも未熟なのです。 (さらに…)

聞き込みとは

聞き込みとは

「聞き込み」は内偵調査の代表的な調査方法ですが、この聞き込みには二種類あります。

「側調」と「直調」です。側調とは近所のおばさんや家主、同僚や上司、学生時代の友達などというターゲットを知る人達から話を聞いていく調査です。

もう1つの直調とは、ターゲット本人、または家族に直接話を聞くやり方です。

直調の方が側調よりも信ぴょう性のある情報を得る事ができますが、ターゲットに調査のことがバレてしまうというおそれもあります。 (さらに…)