探偵の手口と手法を知る

探偵とは、尾行、聞き込みなど調査を行うことによってデータ、証拠を集め報告する仕事を行う人のことです。

探偵のテクニック
このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵のテクニック

依頼にはどんなものがある?

依頼にはどんなものがある?

探偵のイメージはテレビドラマで見るようなもので、実際に依頼するまでは本物の探偵に会ったことがない人が多いと思います。

どんな依頼があるか尾行内偵に分けてみましょう。

1.尾行調査

なんといっても尾行の調査が一番多いです。

ほとんど全ての探偵社で尾行は行われていますので、探偵が優れた尾行テクニックを持っていれば、どこでも働くことができるでしょう。

1-1.浮気調査

パートナーの浮気の有無を追求するために行います。

ひらたくいえば浮気相手との密会の撮影など浮気の証拠をつかむことを目的とします。

浮気調査では相手の住所、勤務先を調べることもあります。 (さらに…)

尾行調査のイロハ

尾行調査のイロハ

尾行調査とは、尾行や張り込みをしてターゲットを見張り、その行動や立ち寄り先、接触人物を把握して情報を得る調査方法です。

大体がテレビドラマの尾行シーンのようなものです。

この代表例は浮気調査です。

1.指示書の作成

依頼者からもらったターゲットの情報を指示書という書類にまとめます。

調査をするにあたり、情報は多い方が有利です。

指示書を作成するのは、依頼者と直接話した人間です。

たいてい相談員が作成し、指示書を元に現場の人間が調査します。

2.現場の探偵の人数は?

基本的に二人一組です。 (さらに…)

張り込みのテクニック

張り込みのテクニック

張り込みのイメージは、車の中で姿を隠しながらアンパンを食べつつターゲットの到着を待つという刑事ドラマのシーンではないでしょうか。

しかしこのドラマのような快適な張り込みができることは、まずありません。

真冬の極寒の中、立ちん坊のこともありますし、近隣住民や通行人の視線に晒されながら、ということもあります。

張り込みにはおおまかに三つの種類があります。

立ち張り、点張り、車張りの三つです。

まず立ち張りとは、張り込みの基本です。

目立たずに立って張り込みをするのです。

不審人物として冷たい視線に晒されながら何時間も立ち続けます。

周囲の人達に警戒されても立ち続けてターゲットを張り込みます。

場合によってはマンション内に不法侵入することもあります。 (さらに…)

無線カメラでの監視

無線カメラでの監視

無線カメラとは撮影意した映像、音声を受信機に送信するカメラです。

いわば盗聴器のカメラバージョンといえます。

ターゲットから離れたところにいて映像を撮影できる利点があります。

これらのカメラのバリエーションは豊富です。

たばこの空き箱に入れるものも。

バッグに仕込むもの。

帽子につけるもの。 (さらに…)

空き部屋を借りる

空き部屋を借りる

刑事ドラマのシーンのように、アパートの空き部屋を借りて張り込みすることもあります。

ただし、空き部屋があって、その家賃を依頼者が払えるかという問題があります。 (さらに…)

対警察

対警察

張り込みをしていると警察に職務質問を受けることがあります。

これは日常茶飯事といえます。 (さらに…)

徒歩尾行のテクニック

徒歩尾行のテクニック

いよいよ尾行開始です。

尾行で、一番多い交通手段は徒歩と車です。

探偵社の中には尾行者とターゲットとの距離を決めていたりしますし、15メートルと書いてある探偵本もあります。

しかし、これはまったく役に立たない情報です。

同じターゲットを尾行するにも、通行人のあるなし、時間帯、相手の性別、歩く速度など、変化をつけながら尾行するものだからです。

尾行しながらターゲットとすれ違うこともありますし、同じエレベーターに乗らざるをえないこともあります。

警戒心のあるターゲット

ターゲットの中には、カンの鋭い人もいます。

尾行の途中で警戒心を持つ人もいるのです。

警戒するターゲットはキョロキョロしたり、視線がキツくなったりと、あきらかに不自然な様子になります。

その道のプロならば、警戒していることがまるわかりです。

このような人を尾行するのは大変なことなのです。失尾しないようにできるだけ距離を取って尾行するしかありません。

バレないように尾行をしつづけ警戒が薄れるのを待ちます。

誤解を受けやすいのですが、探偵でも失尾することがあります。

どんなに優秀な探偵でも失敗するのです。 (さらに…)

車尾行

車尾行

車を使った尾行は、徒歩尾行とくらべてターゲットとの距離の取り方が難しいという点があります。

ターゲットの車と私たちの間に一般車利用が入った時、ターゲットが黄色信号で交差点を通過したら、どうなるでしょうか。

通常私たちは、信号無視などもしてしまいますが、一般車両が前にいたら、お手上げです。

だからといって、ターゲットとの車間をあけずにいるのも、調査していることが気づかれやすくなります。

そのため、私たちは一般車両を挟んだり、すぐ後ろにつけたりと、ターゲットに意識されないように尾行しています。

一般車両をカモフラージュにするのです。

とはいうものの、一番車両が初心者や高齢者でノロノロ運転の場合もあるでしょうし、工事や踏切があるかもしれないというように、車尾行は運不運がつきものなのです。

ターゲットが我々の尾行に気づくと、ついつい弱気になり、失尾してしまいます。

車尾行は度胸のあるタイプの探偵向きです。 (さらに…)

バイク尾行

バイク尾行

車のみの尾行では、高い成功率は難しいです。

そういう時にバイクを利用します。

探偵の選ぶバイクは126cc以上のバイクです。これだけは譲れません。

なぜなら高速に乗る排気量は126cc以上だからです。

タクシーが高速を利用することはわりあい多いのです。

その他にバイク選びの基準はありません。

なぜかというとバイク自体が目立つからです。

都心ではともかく地方ではバイクは珍しく、車体や色がどうかというよりも、タクシーに気づかれない運転技術が必要なりです。

渋滞中にすり抜けることができるのは大きなメリットとなります。

またバイクを手押しすることができるのもメリットです。

歩行者がタクシーに乗った場合、すぐ小回りがききます。

バイクに乗っている場合の連絡はイヤホンマイクを使って携帯で行います。

ヘルメットに携帯を突っ込んで通話することもできます。

ただし風の音がうるさくて聞き取りづらいという点が問題です。

バイクは便利ですが、ターゲットがバイクの場合は失尾することが多くなります。

バイクに乗る人は、回りのバイクを気にするため気づかれやすいのです。

ターゲットが自転車の時もバイクが便利です。 (さらに…)

現場環境や相手

現場環境や相手

やりやすい理想的な現場はたとえば公園での路上駐車です。

コインパーキングもやりやすいです。

ただし、料金精算にもたついてしまうのはデメリットです。

大型のスーパーの立体駐車場も似ています。出口に料金精算する場合にもたついて失尾することもあります。

その点パーキングメーターは先払いなのですぐ尾行できます。

駅前や繁華街も人混みにまぎれ尾行できますし、おおっぴらに撮影もできるメリットがあります。

お店の駐車場も便利です。コンビニなら食料や飲み物も困りません。

地方のパチンコ屋も大型の駐車場があるので張り込みがしやすいです。

遊園地、観光地も撮影しやすい場所として有利です。 (さらに…)

尾行されないテクニック

尾行されないテクニック

尾行されたくない場合、自分がもしターゲットになってしまった場合はどうしたらいいのでしょう。

探偵もお手上げの自衛策があります。

探偵の立場からは、あまりひろめたくないテクニックの紹介です。

まず、とにかく後を振り返ることです。

徒歩の時は何度も後ろを振り返って下さい。尾行を警戒することが基本にあります。

24時間やっていたら大変ですので、自分が尾行されたくない時だけでいいので、やってみてください。

次に変装している探偵を見破る方法です。

尾行されているかもしれないと思った時には、相手のズボンと靴を意識して見ましょう。

尾行中、探偵はメガネをかけたり、とったり、上着を着たり脱いだりします。

上半身の変装です。 (さらに…)

撮影テクニック

撮影テクニック

正直、尾行と張り込みは、アマチュアでもできることはできます。

しかし、尾行の場合は、撮影をしなくてはいけません。

探偵ならではの技術はそこです。証拠を押さえるための「撮影」となると、ここで求められる方法は「隠し撮り」なのです。

それも第三者が見てもわかるような映像を提供する必要があります。

尾行をしながらの撮影は、実際難しいものです。

ターゲットが豆粒のような写真や、ピンぼけの写真の報告書では、依頼者を納得させることはできません。

探偵が選ぶ撮影機材とは

大きく分けてビデオカメラとデジカメです。動画を撮るビデオカメラと静止画のデジカメ。

今ではどちらも動画や静止画が撮影できるようになっていますが、やはり動画はビデオカメラが主流です。

十年前はフィルムカメラが主流だったのですが、今では過去の遺物となってしまいました。 (さらに…)