探偵の手口と手法を知る

探偵とは、尾行、聞き込みなど調査を行うことによってデータ、証拠を集め報告する仕事を行う人のことです。

業界用語「探偵」編

業界用語「探偵」編

業界用語「探偵」編

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵とは、尾行、聞き込みなど調査を行うことによってデータ、証拠を集め報告する仕事を行う人のことです。

内輪では調査員と呼ばれることも多いです。

尾行とは、内偵調査と並ぶ調査方法の一つです。ターゲットの後をつけて、依頼者の求める結果を出します。

「素行調査」「行動調査」といわれることもあります。主に不倫、浮気の調査に用いられます。

内偵調査とは、ターゲットを知る人々から聞き込みしたりして、人物の住所、学歴、職歴、資産などのデータを集めることです。

「身辺調査」「身上調査」「個人信用調査」とも呼ばれます。雇用調査に使われることが多いです。

探偵社とは、民間の調査機関のことで、「調査会社」「興信所」とも呼ばれますが、この三つは業務内容や客層に違いがあります。

たとえば探偵社は、尾行、内偵をはじめ、いじめ調査、ストーカー被害、盗聴器発券業務などさまざまの業務を扱っていますが、ほとんどは恋愛がからんだ尾行調査です。

調査会社は、やや格式が高く思われています。対企業の業務もあります。

興信所は、内偵での雇用調査がメインです。

企業の依頼が多くなります。依頼者とは、相談を依頼するクライアントの事です。相談員とは、依頼者の窓口です。

一般の会社でいう営業にあたる部署です。ターゲットとは、調査をされる人のことです。

他に対象者、被調査人、マル対、マル被とも呼ばれます。調査書には、「本人」「甲」「○○氏」と記載されます。

面取りとは、尾行で開始場所からターゲットを発見し、特定することです。

調査初日、まだ見たことのないターゲットに使われます。

ヤサとは、ターゲットの自宅のことです。

失尾とは、尾行の失敗のことになります。


»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です