TOEFL合格を目指す知識と勉強法

TOEFLは主に北米の大学・大学院に留学するための英語力を試す、事実上の標準試験となっているテストです。

大変だけど、メリットはたくさん

大変だけど、メリットはたくさん

大変だけど、メリットはたくさん

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFLの受験は4時間以上かかり、相当な集中力が要求される過酷な試験です。

現行のiBT(Internet-based Test)の場合、リーディング(Reading)、リスニング(Listening)、スピーキング(Speaking)、ライティング(Writing)の4セクションがあるので、テストのための勉強をすることを通じて、読む、聞く、話す、書くという4技能すべてを伸ばして、真の英語力をつけることができる理想的なテストだといえます。

確かにスピーキングがなかった従来のテストよりも受験者の準備は大変になりますが、留学するためにはいずれ必要になる能力です。

テスト対策がそのまま留学準備に繋がるのは、ありがたいことでもあります。

また、TOEFLの問題は英語圏の大学・大学院に留学するためのテストなので、知的好奇心をそそられる内容のものが多いのです。

これは同じETS(テスト開発機関)が問題をつくっているTOEICとは大きく異なる点です。

ただし、テスト問題の題材は、文系分野、理系分野からくまなく出題されるので、自分の専門分野だけでなく、さまざまなジャンルのものに対応できる理解力が要求されます。

この点では、特に文系の人は理系の話を読んだり、聞いたりすることに慣れておかなければいけません。

さらに、TOEFLについてETSがAccurate(正確で)、Reliable(信頼でき)、Fair(公平な)テストと謳っているとおり、客観的なテストになるよう精密に作製されており、テストの質も高く、よくできています。

このことが最も端的に表れているのが、PBT(Paper-based Test)やCBT(Computer-based Tast)のStructureセクションでした。

(iBTにおいては廃止)

たとえば、空所補充問題でTOEFLの場合には、セクションの名前がStructure(=構造)となっていることからわかるように、文構造の理解だけを試していました。

このようにテストする事柄を明確に示した上で、そのとおりに行われるのが良いテストの1つの条件です。

採点基準も公開

iBT(Internet-based Test)のライティングやスピーキングに関しても、採点の基準や各スコアのサンプルとその説明までが発表されています。

日本の入試などまったく足元にも及ばないですね。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です