TOEFL合格を目指す知識と勉強法

TOEFLは主に北米の大学・大学院に留学するための英語力を試す、事実上の標準試験となっているテストです。

iBTの4つのセクションと流れについて

iBTの4つのセクションと流れについて

iBTの4つのセクションと流れについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在行われているTOEFL iBT(Internet-based Test)試験の内容と試験形式について詳しく説明しましょう。

iBT試験はリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションから構成されています。

リーディング、リスニングセクションまで終えると10分の休憩時間があります。

その後スピーキングセクションが始まり、最後はライティングセクションで終了です。

試験全体では計約4時間のテストになります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です