TOEFL合格を目指す知識と勉強法

TOEFLは主に北米の大学・大学院に留学するための英語力を試す、事実上の標準試験となっているテストです。

パッセージ

リーディングの攻略ポイント~最初のパッセージは20分~

リーディングの攻略ポイント~最初のパッセージは20分~

リーディングセクション全体で60分または100分といっても、その中で「20分(1パッセージ)+40分(2パッセージ)+40分(2パッセージ)」と分かれています。

特に最初のパッセージは20分で終了して時間の融通を利かせることはできないので、初めて受験する人は気を付けてください。

リーディングの攻略ポイント~最初にパッセージ全体を読まない~

TOEFL iBT(Internet-based Test)のリーディングに関しては最初にパッセージ全体を読む時間はありません。

最初の画面(パッセージのみ)はスクロールして一番下まで下げ、「NEXT」をクリックして、第1問を読み、パッセージ中の関係する箇所を読んで答える、以下同じことの繰り返し、という手順で進めます。

基本的には問題に直接関係する段落全体をまとめて読んだほうがいいのですが、語彙問題や代名詞の問題は関係する範囲しか読まなくて結構です。 (さらに…)

電子辞書は必ず用意

電子辞書は必ず用意

選択肢になっている単語についてはパッセージ中には出ていないので、例文が欲しい場合には、例文が豊富な良い辞書を一度引いてみる必要があります。

ちなみに、電子辞書を使えば、辞書を引くのもそれほど大変なことではないはずです。

単語集選びについて

最短距離でボキャブラリーを強化したい場合には、単語集に頼ることになりますが、その場合お薦める選択の基準は「同義語がたくさん載っているもの」です。

理由は2つあり、ひとつめはリーディングセクションのボキャブラリー問題はまさにその同義語が問われるからです。

ふたつめは、単語とその同義語(あるいは反意語)をセットで覚えていけば、単語そのものだけを覚えるよりも何倍も速くボキャブラリーの力をつけられるからです。 (さらに…)