TOEFL合格を目指す知識と勉強法

TOEFLは主に北米の大学・大学院に留学するための英語力を試す、事実上の標準試験となっているテストです。

費用

語学力は費用にも影響

語学力は費用にも影響

アメリカの大学の中には、iBTで48点(PBTで460点、CBTで140点に相当)で入学を認めるケースもありますが、それに満たない場合は、語学学校や大学が開講している英語集中講座を受講する方法があります。

たとえば、3ヶ月間受講して入学を認める大学もあれば、その時点で再度TOEFLを受験させ、スコアの提出を求める大学もあります。

また、スコアによっては語学学校に通うことを条件に1科目だけ受講を認める大学もあります。

このように、TOEFLのスコアが基準点に届くかどうかで、すんなり入学が決まるかどうかが分かれるだけでなく、実は留学費用の面でも大きく違ってきます。 (さらに…)