TOEFL合格を目指す知識と勉強法

TOEFLは主に北米の大学・大学院に留学するための英語力を試す、事実上の標準試験となっているテストです。

過去問

ファストリスニング(速聴)とは

ファストリスニング(速聴)とは

ファストリスニングをするにあたって使用する教材はあくまでもTOEFLの過去問です。

さらに、そのための再生装置も、再生スピードを速くさえできればCDでも、MP3でも、MDでも、カセットテープでも何でも構いません。

やることは名前通り「速く聴く」ことです。

普段から通常より速い音声に慣れておけば、実際のTOEFLの音声がゆっくりとわかりやすいものに聞こえるわけです。

また、TOEFL対策としては20~30%増しのスピードで行うといいでしょう。

ファストリスニング(速聴)~いつ学習するか~

通勤、通学途中だけで十分です。それだけでも毎日やれば相当なものです。

そして、これには2つの理由があります。

まず第一に、少なくとも平日は毎日確実にその時間が確保されている、ということが挙げられます。

よって、語学学習に欠かせない日々の積み重ねが容易なわけです。

そして、第二の理由としては、自宅にいて手や口が使える時間には、ただ聞いているだけではなく、自らも何かをすることを要する活動(ディクテーション、シャドーイング、リプロダクション、ノートテイキングの4つ)をあてるべきであり、速聴はいわゆる隙間時間だけで十分、という点があるからです。

ファストリスニング(速聴)~何を使用するか~

最低限ディクテーションが終わったTOEFLの過去問を使用します。

また、ファストリスニング用の素材はシャドーイング、リプロダクション、ノートテイキングの場合と同様に内容がよく理解できたものでなければいけません。

その際に使う再生装置ですが、通勤・通学中に聴くとなると、当然携帯できる小型のものということになります。

その意味では現在圧倒的なシェアをもつiPodがお勧めです。

何しろiPodの場合にはiTunes経由で英語圏の大学の講義の配信さえ始まっているのですから。 (さらに…)

4つの分野

4つの分野

各学問分野特有のボキャブラリーですが、皆さんはTOEFLで出題される学問分野にどのようなものがあるかご存知ですか?

これについては大まかに4つの分野に分けられます。

  1. Arts(人文科学)
  2. Life Sciences(生命科学)
  3. Physical Sciences(生命科学以外の自然科学)
  4. Social Sciences(社会科学)

特に文人は普段理系の文献などに目を通すことが少ないので、意識して触れておくようにしましょう。

確かにETS(テスト開発機関)は「専門的な知識は必要ない」といっていますが、必要最低限の背景知識がないと特定のパッセージの問題で、多くの問題を間違えてしまう可能性が高くなってしまいます。

背景知識がカギ

背景知識がある程度ないと、問題に対してまったく話が見えてこないため、解答や解説を見ても、まったく腑に落ちないといった、困った状況になることがあります。 (さらに…)

出題内容について

出題内容について

TOEFLでは、どのセクションでも大きく分けて5つの学問分野からほぼ均等にパッセージが出題されます。

  1. 社会科学(social sciences)ー経済学、社会学、政治学など
  2. 生命科学(life sciences)ー生物学、医学、生態学など
  3. 自然科学(physical sciences)-物理学、化学、天文学など
  4. 芸術(arts)-美術、音楽、舞踊など
  5. 人文科学(humanities)-文学、哲学、歴史学など

この5分類はETS(テスト開発機関)のAssessment Directorの方が明言しているものです。

頻出分野について

TOEFLで最もよく出題されていた分野はアメリカ史になります。

特にアメリカに留学する人はアメリカ史を少し勉強しておいたほうがいいですね。

しかし、iBT(Internet-based Test)になってから、頻出分野は「アメリカ史」ではなく、「世界史」に変わりました。

ETS(テスト開発機関)いわく、PBT(Paper-based Test)やCBT(Computer-based Tast)においては、公平性のために「アメリカ史」しか扱わなかったのですが、iBTでは公平性を犠牲にしない範囲でアメリカ史から少し拡大することになったようです。

ETSのオフィシャルガイドに載っている問題は、最も初期のiBTの問題なので、この重要な方針転換が反映されていません。

しかし、現在iBTを受験すると、ヨーロッパや中東の歴史に関するパッセージに遭遇することが非常に多くなっています。 (さらに…)